日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(4月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

大阪精神医療人権センター

おおさかせいしんいりょうじんけんせんたー

注目度注目度1

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,430位 (6,965団体中)
成果物アクセス数:93
更新日 : 2019年4月20日

注目度とは?

最終更新日:2018年11月26日  
団体紹介ページ
団体種別 認定特定非営利活動法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 大阪府  
市区町村 大阪市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.psy-jinken-osaka.org/  
所轄省庁名 その他  
設立年月日 1985/11/09  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 精神障害者の人権擁護のため、相談事業・病院等への訪問活動・啓発事業等を行う。
ここでいう「人権」とは、精神障害者が他科と同水準の治療を受ける権利、インフォームド・コンセントなど治療に参加する権利、入院中、最小限の規制しか受けない権利、退院請求や処遇改善請求をする権利、障害者(生活者)として入院してもできるだけ速やかに自分の地域に帰り、地域で必要なケアを受けて生活する権利、差別されない権利等を指す。
日本では30万人を超える精神障害者が入院し続けている。これは諸外国と比較しても、突出した数字である。また、精神科病院は、本人の意思に因らない強制入院や隔離、拘束が制度として存在しており、10年前と比較しても増え続けている。にもかかわらず、他科より従事者の人員は少なく抑えられており、閉鎖病棟が6割を超える状況が虐待の温床となっている。大阪精神医療人権センターは、精神科病院から独立した第三者機関として、権利擁護活動とともに、安心してかかれる精神医療を実現するため、以下の1から3の活動を行っている。
1.声をきく〜入院中の患者等からの個別相談(投書、電話及び面会)
当センターでは、「声をきく」を最も重要な価値観として、「退院したい」「外出したい」「薬の説明をしてほしい」等の精神科病院に入院中の患者さんの声に基づき個別相談(投書、電話及び面会)を実施している。この個別相談活動をさらに充実させるために、2016年度から個別相談ボランティアを募集し、養成する取り組みを行っており、面会を希望するすべての患者のもとへ面会に行くことができるような体制を目指している。
2.扉をひらく〜精神科病院への訪問活動
1999年から大阪府内の全精神科病院(約60病院・2万床)への訪問活動を行っており、年間12病院を訪問している。この訪問活動の取組みは、全国でも大阪府だけである。訪問活動では病棟を視察し、患者さんの声を聞き取り、病院と意見交換をしている。この訪問活動により、ベッドの周りにカーテンが設置される、公衆電話の設置場所が変わる等プライバシー確保のための措置がとられる等療養環境の改善につながる多くの成果が生まれた。この活動の成果は冊子やホームページで公開され、患者さんや家族が具体的な情報をもとに病院を選ぶことができるよう、患者さんの視点に立った情報を提供している。
3.社会をかえる〜安心してかかれる精神医療を実現するための政策提言活動
我が国の精神障害者又は精神科医療に対する行政の施策は、精神科病院における医師・看護師等の数は、他科より少なくてよいとするなど、極めて不十分な状況が続き、安易な強制入院、身体拘束及び隔離の温床となっている。これは、国民の認識に長年にわたって社会において形成されてきた精神障害者に対する偏見と差別の意識が根強く残っているからである。また、行政の施策や国民の認識が精神障害者に対する人権侵害がなくならず、彼らが精神科病院から退院して、地域社会で普通に暮らすことを阻害する大きな要因のひとつになっている。そのため、当センターは、国や都道府県などに対して精神医療に関する問題について意見書を提出する等により積極的に政策提言を行い、国や地方自治体の委員会や審議会に委員として参画している。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2019 精神科病院入院者への権利擁護活動の様々な地域への拡充 (実施中) ¥6,050,000
2018 精神科病院入院者への権利擁護活動の様々な地域への拡充 (実施中) ¥6,640,000
2017 精神科病院入院患者への権利擁護活動の様々な地域への拡充 ¥6,600,000
2015 精神科病院の療養環境の向上と入院患者のエンパワメント支援研究 ¥3,600,000
2014 精神科病院の療養環境の向上と入院患者のエンパワメント支援研究 ¥2,000,000
2011 精神科病院の療養環境の向上と入院患者のエンパワメント支援研究事業 ¥1,920,000
2010 精神科病院の療養環境改善と入院患者のエンパワメントのための調査研究 ¥3,737,000
合計 ¥30,547,000