日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

交通エコロジー・モビリティ財団

こうつうえころじーもびりてぃざいだん

注目度注目度5

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9位 (6,622団体中)
成果物アクセス数:1,276,302
更新日 : 2017年5月27日

注目度とは?

最終更新日:2016年11月21日  
団体紹介ページ
団体種別 公益財団法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 東京都  
市区町村 千代田区  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.ecomo.or.jp  
所轄省庁名 内閣府  
設立年月日 1994/09/30  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 目的
 当財団は、高齢者及び障害者等のより一層円滑なモビリティを実現するための啓発広報、情報提供及び調査研究並びに施設の整備、保有、貸し付け及び施設整備等に対するその他の支援を行うとともに、地球的規模の課題である環境問題の解決、地域の国際交流等を推進するための事業及びそれに関する支援を行うことにより、人及び地球にやさしい社会環境を実現して行くことを目的とし、次の事業を行う。
(1)高齢者及び障害者等の公共交通機関における移動等円滑化のために必要な活動に対する支援、啓発広報、情報提供及び調査研究
(2)高齢者及び障害者等の公共交通機関における移動等円滑化のために必要な旅客施設又は車両等の構造及び設備の整備に対する支援
(3)国及び地方公共団体の補助を受けて鉄道駅におけるバリアフリー化に必要となる施設を整備、保有し、鉄道事業者等に貸し付ける事業
(4)運輸部門における環境問題の解決を推進するための事業
(5)地域における国際交流、地域住民の交通環境整備その他活力ある地域社会の創造を推進するための事業
(6)前2号に掲げる事業を実施する他の公益法人等に対する支援事業
(7)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
財団は、交通ターミナルのバリアフリー化、鉄道駅のエレベーター、エスカレーター等の整備について障害者団体から要望を受けて、運輸省の主導のもとに交通のバリアフリー化に取り組む仕組みづくりが検討された結果、平成6年9月30日に、高齢者や障害のある方々が安全かつ快適に移動できる交通システムの実現のため、各種調査研究・情報提供を行うとともに鉄道駅等の交通ターミナルにおけるエレベーター、エスカレーター等のバリアフリー施設の整備事業などの支援を行う『財団法人交通アメニティ推進機構』として運輸大臣(現国土交通大臣)より設立認可され、平成9年には業務内容の充実を図るとともに、名称を『交通エコロジー・モビリティ財団』に改め、運輸及びその関連分野における移動円滑化(交通バリアフリー)の推進並びに環境対策の推進を図ることを目的とし、人と地球にやさしい社会環境の実現を目指して活動を推進している。
平成24年4月1日より内閣総理大臣の認定を受け、公益財団法人に移行した。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2017 海上交通バリアフリー施設整備推進 (実施中) ¥170,000,000
2016 海上交通バリアフリー施設整備推進 (実施中) ¥170,000,000
2016 公共施設等の案内用図記号等の検討 (実施中) ¥9,260,000
2015 オリンピック、パラリンピック開催に向けた案内用図記号(ピクトグラム)の作成 ¥11,072,000
2015 海上交通バリアフリー施設整備推進 ¥200,000,000
2014 海上交通バリアフリー施設整備推進 ¥185,741,000
2013 海上交通バリアフリー施設整備推進 ¥166,799,000
2012 海上交通バリアフリー施設整備助成 ¥93,889,000
2011 海上交通バリアフリー施設整備助成 ¥108,150,000
2011 国内旅客船バリアフリー化推進のための調査研究 ¥7,587,000
2011 旅客船における高齢者及び障害者等乗下船装置の開発 ¥1,952,000
2010 海上交通バリアフリー施設整備助成 ¥104,166,000
2010 旅客船における高齢者及び障害者等乗下船装置の開発 ¥12,897,000
2009 海上交通バリアフリー施設整備助成 ¥43,368,000
2009 旅客船バリアフリー化評価に関する調査研究 ¥8,188,000
2008 海上交通バリアフリー施設整備助成 ¥73,472,000
2008 交通拠点の誘導・案内サインの計画手法の策定 ¥8,719,000
2007 海上交通バリアフリー施設整備助成 ¥61,206,000
2007 基盤整備 ¥1,080,000,000
2007 基盤整備(2号交付金) ¥120,000,000
2007 高齢者・障害者等の移動円滑化に関する調査研究 ¥10,000,000
2006 海上交通バリアフリー施設整備助成 ¥100,000,000
2006 基盤整備 ¥120,000,000
2006 基盤整備(1号交付金) ¥1,080,000,000
2006 高齢者・障害者等の移動円滑化に関する調査研究 ¥4,246,000
2005 海上交通バリアフリー施設整備 ¥77,637,000
2005 基盤整備 ¥100,000,000
2005 基盤整備 ¥900,000,000
2005 高齢者・障害者等の移動円滑化に関する調査研究 ¥4,180,000
2004 海上交通バリアフリー施設整備 ¥77,209,000
2004 基盤整備 ¥150,000,000
2004 基盤整備 ¥1,350,000,000
2004 高齢者・障害者の移動円滑化に関する推進 ¥5,735,000
2004 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究 ¥18,000,000
2003 基盤整備 ¥1,350,000,000
2003 基盤整備 ¥150,000,000
2003 交通における環境対策の推進 ¥28,076,000
2003 高齢者・障害者の移動円滑化に関する施設整備推進 ¥48,336,000
2003 高齢者・障害者の移動円滑化に関する推進事業 ¥4,122,000
2003 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究 ¥10,411,000
2002 基盤整備 ¥1,396,000,000
2002 基盤整備 ¥154,600,000
2002 交通における環境汚染防止施策の推進 ¥45,245,000
2002 高齢者・障害者の移動円滑化に関する施設整備推進 ¥53,790,000
2002 高齢者・障害者の移動円滑化に関する推進事業 ¥15,422,000
2002 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究 ¥10,755,000
2001 基盤整備 ¥125,000,000
2001 基盤整備 ¥1,125,600,000
2001 交通における環境汚染防止施策の推進 ¥20,623,000
2001 交通における環境汚染防止施策の調査研究 ¥43,055,000
2001 交通環境年次報告の作成 ¥2,455,000
2001 高齢者・障害者の移動円滑化に関する施設整備推進 ¥79,161,000
2001 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究 ¥26,678,000
2000 運輸環境年次報告書の作成 ¥2,322,000
2000 基盤整備 ¥1,348,900,000
2000 基盤整備 ¥125,600,000
2000 交通における環境汚染防止施策の調査研究 ¥89,342,000
2000 高齢者・障害者の移動円滑化に関するボランティア活動等の推進 ¥15,955,000
2000 高齢者・障害者の移動円滑化に関する施設整備推進 ¥76,599,000
2000 高齢者・障害者の移動円滑化に関する周知宣伝 ¥3,700,000
2000 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究 ¥57,544,000
2000 視覚障害者用誘導警告ブロックに関する研究 ¥7,679,000
2000 地域文化を通じた草の根国際交流支援 ¥3,000,000
1999 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究 ¥69,764,000
1999 運輸交通における地球環境問題に関する普及・啓発 ¥19,144,000
1999 高齢者・障害者の移動円滑化に関するボランティア活動等の推進 ¥16,537,000
1999 高齢者・障害者の移動円滑化に関する施設整備推進 ¥103,554,000
1999 高齢者・障害者の移動円滑化に関する周知宣伝 ¥15,818,000
1999 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究 ¥42,362,000
1999 助成金(運営費・基金) ¥1,837,300,000
1999 助成金(運営費・基金) ¥188,200,000
1999 地域文化を通じた草の根国際交流支援 ¥21,538,000
1998 エコドライブ推進運動の実施 ¥19,138,000
1998 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究 ¥90,429,000
1998 基盤の健全化資金 ¥1,939,300,000
1998 基盤の健全化資金 ¥189,200,000
1998 高齢者・障害者の移動円滑化に関する施設整備推進 ¥118,251,000
1998 高齢者・障害者の移動円滑化に関する周知宣伝 ¥19,136,000
1998 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究 ¥36,064,000
1998 草の根国際交流発掘支援 ¥25,032,000
1998 地球環境と運輸に関するパンフレットの作成 ¥2,412,000
1998 地球環境対策推進大会の実施 ¥4,523,000
1997 エコドライブ推進運動の実施 ¥9,290,000
1997 ノンステップバス普及促進セミナーの実施 ¥3,000,000
1997 運輸部門における地球環境国際フォーラムの開催 ¥14,628,000
1997 運輸部門における地球環境対策等に関する普及・啓蒙 ¥22,508,000
1997 運輸部門における地球環境問題に関する意識調査 ¥5,104,000
1997 運輸部門における地球環境問題に関する地域啓蒙活動の実施 ¥20,518,000
1997 運輸部門における地球環境問題対応の広報ビデオの作成 ¥14,360,000
1997 環境負荷低減型税制に関する調査 ¥12,378,000
1997 基盤の健全化資金 ¥1,901,200,000
1997 基盤の健全化資金 ¥191,800,000
1997 高齢者・障害者の移動円滑化に関する施設整備促進 ¥133,691,000
1997 高齢者・障害者の移動円滑化に関する周知宣伝 ¥11,436,000
1997 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究 ¥33,141,000
1997 地球温暖化防止に資する新たな交通システムに関する調査 ¥7,030,000
合計 ¥20,191,229,000