日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

たんぽぽの家

たんぽぽのいえ

注目度注目度5

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:203位 (6,867団体中)
成果物アクセス数:15,983
更新日 : 2018年7月14日

注目度とは?

最終更新日:2017年11月22日  
団体紹介ページ
団体種別 一般財団法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 奈良県  
市区町村 奈良市  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://tanpoponoye.org/  
所轄省庁名  
設立年月日 1976/03/06  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 アートやケアにかかわる活動を通して、ソーシャルインクルージョンの考えを基本に社会がかかえる課題を解決することによって、社会をよりよいものへと変革し、誰もが生きやすい共生きの社会の実現に寄与することを目的とする。
目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 障害のある人をはじめ、社会的に弱い立場にある人たちの表現の発信
(2) 市民の文化力を高めるための展覧会やワークショップ、セミナー等の開催
(3) アートやケアに関する調査研究の推進
(4) アートやケアに関する事業の企画運営、コンサルティング事業
(5) アートやケアに関する地域交流、国際交流、ネットワークづくり
(6) アートを仕事につなげるソーシャルビジネス事業
(7) その他この法人の目的を達成するために必要な事業
エイブル・アート・プロジェクト
アートと社会の新しい関係をつくる「ABLE ART MOVEMENT(可能性の芸術運動)」を1995年に提唱し、市民の文化力を高める運動を広げています。
芸術の社会化、社会の芸術化をめざし、展覧会やワークショップ、セミナー、調査研究などに取り組んでいます。
インクルーシブデザイン・プロジェクト
インクルーシブデザインとは、これまでデザインのメインターゲットから除外されてきた高齢者や障害のある人などに積極的にデザインプロセスに参加してもらう手法です。
ユーザーがデザインに創造的、共創的にかかわり、一人ひとりの生に向き合ったモノ・サービス・環境づくりをめざす実践として「インクルーシブデザイン=参加のデザイン」に取り組んでいます。
ケアする人のケア・プロジェクト
他者への気づかいや支えあいを大切にできる社会(ケアリング・ソサエティ)をつくるために、情報交換の場づくりや文化的手法を取り入れたプロジェクトに取り組んでいます。
1999年より市民研究として「ケアする人のケア」に取り組み、2002 年に「ケアする人のケア研究所」を設立しました。
2008年より医療・福祉の情報誌「奈良のケア」を発行(年1回)。2011年にケアする人のための参加型インターネット放送局「ケアラーズジャパン」を開局し、福祉・ケアのネットワークづくりにも力を入れています。
わたぼうしプロジェクト
障害のある人の綴った詩をメロディにのせてみんなで歌う「わたぼうし」。
全国各地、年間約50ヵ所で開催する「わたぼうしコンサート」と、毎年新しい作品を募集して発表する「わたぼうし音楽祭」があります。
また、1991 年から2年に1度「アジア・太平洋わたぼうし音楽祭」を展開中。国内外に共感の輪が広がっています。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2018 デジタル技術を活用した障害者のクリエイティブな仕事づくりの開発 (実施中) ¥10,080,000
2017 デジタル技術を活用した障害者のクリエイティブな仕事づくりの開発 ¥7,910,000
2015 福祉と企業をつなぐGood Job!展及びワークショップ、アワードの開催 ¥15,210,000
2014 福祉と企業をつなぐGood Job!展及びワークショップの開催 ¥13,920,000
2013 障害のある人の新しい働き方を提案する見本市及びセミナーの開催 ¥6,280,000
2010 障害者アートの製品化に関するモデル開発事業 ¥5,600,000
2009 障害者アートの製品化に関するモデル開発事業 ¥5,000,000
2008 障害者アートの製品化に関するモデル開発事業 ¥4,000,000
2007 発達障害児教育におけるアート活動の調査とフォーラムの開催 ¥3,300,000
2006 芸術文化を通じた障害者の社会参加に関するフォーラム等 ¥2,800,000
2002 ケアする人のケア・サポートシステム構築のための調査研究 ¥6,000,000
2001 ケアする人のケア・サポートプログラム開発に関する調査研究 ¥6,000,000
2000 ケアする人のためのケア・サポートシステム構築に向けての研究 ¥6,000,000
1997 芸術とヘルスケア会議の開催 ¥9,000,000
1995 障害者芸術祭の開催 ¥13,900,000
1979 身体障害者ワークセンターの建築 ¥45,300,000
合計 ¥160,300,000