日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

銀鈴会

ぎんれいかい

注目度注目度5

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:305位 (6,860団体中)
成果物アクセス数:6,401
更新日 : 2018年6月23日

注目度とは?

最終更新日:2017年12月14日  
団体紹介ページ
団体種別 公益社団法人  
郵便番号 −  
主要所在国 日本  
都道府県 東京都  
市区町村 港区  
番地等 −  
代表者名 −  
代表者名ふりがな −  
電話番号 −  
Fax番号
e-mail −  
ホームページURL http://www.ginreikai.net/  
所轄省庁名 内閣府  
設立年月日 1954/09/01  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 喉頭摘出手術を受けた方々に会員相互の親睦を図り、新しい発声法を指導し、会員の社会復帰を促進する。
1、東京都身体障害者福祉会館にて、毎月2回の会館相談指定日に喉頭摘出手術を受ける方や既に受けた方々を対象の相談会を開催。
2,同会館では、毎週3回(火・木・土)の発声教室を年間102回開催。
3、発声教室は、食道発声、シャントと電気喉頭の3つの教室があります。
4、発声教室では、年2回の発声力を競い合う発声大会や、全国の同種団体との協賛で全国大会を開催しています。
5、アジア連盟の活動として、平成28年度は、ネパール・カトマンズに4名の講師を派遣しました。
6、遠隔地巡回研修会を、日本財団様からの助成を受け、平成28年度は、岐阜、北海道、福岡の3ヶ所で開催しました。平成29年度は、栃木、三重、熊本の3ヶ所で開催します。
7、日本喉摘者団体の東日本ブロック研修会に、平成28年度は千葉県で開催、13名の指導員を派遣しました。  
備考    

沿 革
−  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2017 食道発声法等の代替音声巡回指導研修会の開催 ¥1,144,000
2016 食道発声遠隔地巡回研修会 ¥1,795,000
2015 食道発声遠隔地巡回研修会の開催 ¥1,930,000
2014 食道発声遠隔地巡回研修会の開催 ¥1,557,000
2013 食道発声遠隔地巡回研修会の開催 ¥1,849,000
2012 食道発声遠隔地巡回研修会の開催 ¥2,246,000
2011 食道発声遠隔地巡回研修会 ¥1,814,000
2010 食道発声遠隔地巡回研修会 ¥1,935,000
2009 食道発声遠隔地巡回研修会 ¥2,016,000
2008 食道発声遠隔地巡回研修会 ¥1,412,000
2007 食道発声巡回研修会 ¥1,271,000
2001 発声指導員養成事業の評価会の開催 ¥1,858,000
2000 喉頭摘出者発声指導員の養成等 ¥2,500,000
1999 喉頭摘出者発声指導員の養成等 ¥2,366,000
1998 喉頭摘出者発声指導員の養成等 ¥2,371,000
1997 喉頭摘出者発声指導員の養成等 ¥2,399,000
1996 喉頭摘出者発声指導員の養成 ¥4,100,000
1995 喉頭摘出者発声指導員の養成 ¥4,100,000
1994 喉頭摘出者発声指導員の養成 ¥4,100,000
1993 喉頭摘出者発声指導員の養成 ¥4,100,000
1992 喉頭摘出者発声指導員の養成 ¥4,100,000
1991 喉頭摘出者発声指導員の養成 ¥3,244,000
1990 喉摘者指導員の養成 ¥4,100,000
1989 喉摘者指導員の養成 ¥4,631,000
1987 喉摘者指導員の養成 ¥2,099,000
1986 喉摘者指導員の養成 ¥2,891,000
1982 喉頭摘出者世界大会の開催 ¥4,800,000
1977 喉摘者食道発声映画の製作 ¥5,500,000
合計 ¥78,228,000