日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 団体一覧 > 団体情報

日本科学技術振興財団

にほんかがくぎじゅつしんこうざいだん

注目度注目度5

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:156位 (6,705団体中)
成果物アクセス数:25,636
更新日 : 2017年11月18日

注目度とは?

最終更新日:2016年11月18日  
団体紹介ページ
団体種別 公益財団法人  
郵便番号 102-0091  
主要所在国 日本  
都道府県 東京都  
市区町村 千代田区  
番地等 北の丸公園2-1  
代表者名 榊原 定征  
代表者名ふりがな さかきばら さだゆき  
電話番号 03-3212-8584  
Fax番号 03-3216-1306
e-mail info@jsf.or.jp  
ホームページURL http://www2.jsf.or.jp  
所轄省庁名 内閣府  
設立年月日 1960/03/15  
定款または寄付行為にもとづく団体の目的と業務 この財団は、科学技術振興に関する諸事業を総合的かつ効果的に推進することにより、わが国科学技術の発展に寄与することを目的とします。
・科学館、博物館等の企画、設置及び運営
・科学技術系人材の育成
・科学技術の普及啓発
・科学技術振興に関する調査研究
・科学技術の研究開発とその促進
・その他この法人が公益目的を達成するために必要な事業
・情報システムの受託開発と運用受託
・催事場等施設の貸出し
・科学館、博物館等の施設に係る建設工事の請負
・その他公益目的事業の推進に資するための事業  
備考    

沿 革
1960年 創立総会 倉田主税初代会長に就任。主務官庁、科学技術庁より設立許可
1964年 科学技術館開館
1966年 植村甲午郎会長に就任
1974年 米国フランクリン研究所附属科学博物館と姉妹提携
1975年 主務官庁が科学技術庁と通商産業省の共管
1976年 紺綬褒章推薦団体に認定される
1978年 稲山嘉寛会長に就任
1988年 斎藤英四郎会長に就任
1993年 仏国ラ・ビレット科学産業都市と協力協定締結
2000年 有馬朗人会長に就任
2007年 科学技術館入館者が累計2,500万人突破
2011年 公益財団法人日本科学技術振興財団へ移行登記
2011年 有馬朗人理事長就任
2012年 榊原定征理事長就任  
※団体の性格等により、一部の項目が表示されない場合があります。
■実施事業
※事業名に "(実施中)" と表示されているものは、現在実施中の事業です。
年度 事業 助成金額(円)
2017 巡回展示物「おもしろ数楽展」(仮称)製作及び特別展の開催 (実施中) ¥8,960,000
2016 巡回展示物「おもしろ数楽展」(仮称)の制作 ¥7,945,000
2015 科学捜査で用いられる科学技術の巡回展示物の制作と展示 ¥4,993,000
2014 科学捜査で用いられる科学技術の巡回展示物の制作 ¥8,160,000
2013 キッチンの科学に関するワークショップの開催 ¥5,323,000
2012 「日常生活で活用される磁石の世界」に関する巡回展示の実施 ¥13,200,000
2011 「犯罪捜査で活用される科学技術」に関する巡回展示の実施 ¥7,200,000
2010 「犯罪捜査で活用される科学技術」に関するモニタリング展示の実施 ¥7,330,000
2009 全国巡回に対応した参加体験型による科学技術展示物の制作・展示 ¥8,000,000
2008 全国巡回に対応した参加体験型による科学技術展示物の制作・展示 ¥8,000,000
2007 「感覚」に関する巡回展の実施 ¥8,000,000
2006 「感覚」に関する巡回展示の実施 ¥8,000,000
2005 「スポーツを科学する」巡回展の実施 ¥8,000,000
2004 「スポーツを科学する」巡回展の実施 ¥8,000,000
2003 地球環境保全巡回展の実施 ¥8,000,000
2002 地球環境保全巡回展の実施 ¥5,000,000
2001 地球環境保全巡回展の開催 ¥5,000,000
2000 APEC青少年サイエンスフェスティバルへの派遣 ¥5,000,000
1999 アジアこども科学会議の開催 ¥8,980,000
1998 APEC青少年サイエンスフェスティバル代表選考及び派遣 ¥9,600,000
1997 アジアこども科学会議の開催 ¥6,700,000
1985 科学技術情報システムの整備 ¥12,400,000
1984 科学技術館の整備 ¥14,900,000
1983 科学技術館の整備 ¥14,900,000
1982 全国理科工作大会の開催 ¥16,200,000
1981 科学技術館の整備 ¥16,200,000
1980 科学技術館の整備 ¥16,200,000
1979 科学技術館の整備 ¥5,000,000
1978 科学技術館の整備 ¥40,000,000
1977 科学技術館の整備 ¥30,000,000
1976 科学に関する意識の調査研究 ¥21,273,000
1975 科学技術知識の国際交流並びに普及振興 ¥30,356,000
1974 科学技術映画製作及び機器整備 ¥40,000,000
1972 科学技術館解説室の増築 ¥30,000,000
合計 ¥446,820,000